スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予算3万円でコリドラス水槽を考える

前回の 予算1万円でコリドラス水槽を考える に続いて今回は予算3万円でコリドラス水槽を考えます



条件は前回と予算以外は同じで予算3万円以内(生体代含めず)ということとコリドラスを10匹程度は飼いたいと思っておりそれ以外の制約は一切無しの状態とします



利用するショップはcharm 2013/09/18 時点での価格です





予算3万円だと選択肢は無限に広がりますね



私の場合一番頭を悩ませたのが60cm水槽にするか思い切って90cm水槽にするか…



意見が分かれそうなところですが私は前者にしました



→残り26162円



というのも水槽を90cm水槽にしてしまうとフィルターもライトもそのサイズに合わせる必要があるので予算3万では厳しいです



予算3万円で前回と同様にセット物を選択するのもさすがにナンセンスでしょう



今回は個人的に信頼を置いておりコストパフォーマンスも良いコトブキのレグラスを選択しました





フィルターは今回は外部フィルターの良いものを選びましょうか



→残り16632円



エーハイムで間違いないです



2213で十分かもしれませんがコリドラス飼育ならワンランク上のフィルターを使用するとより安心です



2215ならもう少しコリ増やしたいなぁって時にも対応できますしね



フィルターはコリの健康に最もたずさわる器具です



妥協は許されんでしょう





次はライトですね



コリドラス水槽で難しい水草をやることもないのでここは



コリドラスをより美しく映えさせる効果も狙い蛍光灯じゃなくLEDを選択しました→残り9972円



コストパフォーマンス抜群で性能も良好のようです



8500Kの色温度と演色性で水槽内が白くキラキラと美しく映えると思います(´゚д゚`)たぶん





次はヒーター




→残り7322円



オートヒーターの設定温度26℃がコリにとってベストの温度とは思えないので選びません



サーモと一体型のヒーターの場合ヒーターは消耗品なので取り替える際サーモごと廃棄することになるのでランニングコスト的に高くつきます



サーモとヒーターは別個のタイプを選びます





底床 プロホース カルキ抜き 餌 は前回と同じ

 田砂 1kg 関東当日便

 田砂 1kg 関東当日便
価格:384円(税込、送料別)






→残り5320円





今回は温度計を買えます(ノ∀`)



→残り4560円



水温計にしては少し高めですが愛用しているので私は温度計といったらこれです



抜群に見やすくキスゴムが強くこのイエローカラーもひとつのレイアウトです(*´∀`*)絶対これ





夏対策と夏に立ち上げることを考えてクーラーファンを追加します



→残り3120円



60cm水槽のサイズならこれひとつで夏を乗り切れます



私もおかげでこの夏を乗り切ることができました(゚∀゚)





残りのお金はレイアウトに使います



→残り1660円



今回はドンとLサイズのバルテリー付き流木をセンタープラントとして置きます



これくらいの葉幅があれば葉に乗るコリドラスの姿を見ることができますよヽ(゚∀゚)ノ



追加でミクロソリウム セミナロー付き流木



→残り780円




流木にウィローモスを活着させるとより綺麗に



残り→190円






私が考える予算3万円の初めてのコリドラス水槽構成はこんな感じ((´∀`))



やはり一番難しいのが水槽を90cmにするか60cmにするかですね



90cm水槽にすると予算万3円どうしてもフィルター ライトを貧弱にするしかなさそうで今回はバランスをとってこういう構成となりました



次回は予算2万円か予算3万円で強引に90cm水槽を選択するか…



どっちが見たい?(´∀`)

にほんブログ村
スポンサーサイト

予算1万円でコリドラス水槽を考える

自分がこれからコリドラス水槽を初めて立ち上げると仮定した場合どんな器具を揃えるかなぁとやってみました(^∀^)暇つぶし



条件は予算1万円以内(生体代含めず)ということとコリドラスを10匹程度は飼いたいと思っている状態とします 



それ以外の融通はすべて効くということにします



利用するショップはもちろんcharm!! 2013/09/15時点の料金でいきますよ



さっそくやってきますか



コリドラス水槽に何がなくとも始まらないのが水槽 ライト フィルター ヒーターですね



もうすでに1万円以内とかきつそう笑



ということで予算1万円とかだと結局こうなっちゃいますね



60cm規格サイズのセット物を購入することになります→残り2832円



水槽セットは個人的に信頼しているコトブキ製を選びました



予算が1万円だろうと起き場所があるというならできるだけ大きいサイズにこだわります



言わずもがなコリドラス水槽は底面は広ければ広いほど水量は多ければ多いほど良いです



水槽 フィルター ライト ヒーターとコリドラスにまず最初に必須なアイテムがすべて揃いました



生体メインならフレーム水槽、上部フィルターでも全然OK((´∀`))





次に必要なのは底床かな



コリドラス飼うならモフが見たいでしょ

 田砂 1kg 関東当日便

 田砂 1kg 関東当日便
価格:384円(税込、送料別)



コリドラスの底床として圧倒的支持のある田砂を1kg購入→残り2448円



60規格サイズの水槽に田砂1kgだと厚さ約6mmです



メンテナンス性や嫌気域を作らないことを考えるとベストな厚さです



まぁ水草を植えることは諦めましょう



あ、メンテナンスと言えばプロホースが必要です



ほんとはポンプ付いているやつが欲しいけどケチります笑→残り1700円



水深36cmあるのでまぁシェイクでいけるでしょう



カルキ抜きを買って→残り1506円



餌を買う→残り830円



ひかりクレスト コリドラスよりミニキャットを選びます



むしろこちらの方がコリドラスの餌として定番です



ひかりクレスト コリドラスは堅すぎるのよね



なかなかふやけもしないし






とりあえずこれで必要最低限本当に必須な器具は揃ったかな



残り830円はレイアウトに使いましょうか



といっても底床が6mmなので活着系の水草をえらぶことになります



そもそもコリドラス水槽には底床に何も植えない方がいいですしね(;´Д`)私が言うのもなんですが



流木付きのアヌビアスを選択しました→残り0円



水槽セット付属のライトは20W1灯ですがアヌビアスなら育つでしょう





ちょうど1万円でおさまりました(*´∀`*)



後はパイロットフィッシュを導入してじっくり水をつくった後お気に入りのコリドラスを入れるのみです








今回考えた予算1万円はかなりきついですね



将来的に10匹以上のコリを飼うという設定となると30cm以下の水槽や外掛けフィルターは選択肢に上げられないのでまず基本設備を大型化しないといけない



温度計すら用意ができていない始末(ノ∀`)



次回は予算3万円でいきます(*゚∀゚)

にほんブログ村
プロフィール

るび

Author:るび
コリドラスメインのアクアリウムブログです
45cmキューブ水槽に起こる出来事を日々紹介していきます
当ブログはリンクフリーです
相互リンクできるアクアリストさん随時募集中ヽ(゚∀゚)ノ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
参加ランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
45cmキューブ水槽【スペック】
・水槽

・照明

・濾過システム+濾材【01】

・濾過システム+濾材【02】

・【ヒーター】

・水温計

・底床
(ADA)ナイルサンド【発売終了】
・流木
charm+地元アクアショップで購入
・水草
charm
charm_logo.jpg
rakuten
45cmキューブ水槽
topgazou.jpg
【コリドラス】

【タンクメイト】
45cmロウ水槽【サブ】
DSCF0073[1]aa
【生体】
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。